誰もが毎年楽しみにしているお花見。でも実際は、食べ物の準備が面倒と思っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、もっとお花見を気軽に楽しめるように、お花見におすすめの食べ物やスイーツ、役立つグッズをご紹介します。

 

「お花見の食べ物を選ぶポイント」

季節感があり見た目もおしゃれなもの

桜や春の旬の食べ物があると花見の席も華やかになります。

特に日本料理は、旬の食材を使って季節を表現できるのでおすすめです。

花見では紙皿などの食事でちょっとテンションが下がってしまいがちですが、

季節の食材を使った色鮮やかな食べ物なら心も弾みます。

 

取り分けが簡単で食べやすいもの

唐揚げや卵焼きのような食べ物なら簡単に取り分けられます。

また「ひとり2個なら○○人なので、全部○○個」とどのくらい用意したらいいかわかりやすいです。

逆に、焼きそばやパスタなどは冷めると取り分けるのが難しいので、あまりおすすめできません。

 

年齢を問わず好まれるもの

お友達同士ならいいですが、子どもが一緒の場合は持っていく料理に迷う方もいるかと思います。

大人も子どももよろこぶ料理というより、子どもの好きな料理や食べ物、例えばウィンナーやミニハンバーグなどの中で、

お酒のつまみにもなりそうなものをチョイスすると良いでしょう。

 

こぼしてもシミにならないお料理

まず避けたいのが汁物です。ドレッシングをかけたサラダや煮物などは取り分けるときに汁がこぼれやすいです。

また、カレーやミートソース、ケチャップなどはちょっと飛んだだけですぐにシミになるのでお花見の席には向きません。

その点、おむすびやお寿司なら、こぼしてもシミにならないので安心です。

 

「お花見の持ち寄りにおすすめ!誰もが喜ぶ食べ物は?」

桜や旬の素材を使ったお料理

桜を使った食べ物は「桜の塩漬けおにぎり」「桜の炊き込みご飯」「桜のシフォンケーキ」などがあります。

お花見の時期の旬の食べ物は「筍」「ぜんまい」「うど」「たらのめ」などで、これらの食材は天ぷらにするとおいしいです。

また、色鮮やかなちらし寿司は春を思わせる色合いで見た目も楽しめます。

 

大人も子どもも大好きな定番料理

子どもが好きな食べものにランクインする「唐揚げ」「フライドポテト」「ピッツァ」などは、

お酒のつまみにもなるので年齢関係なくよろこんでもらえます。

また、取り分けが簡単で、簡単に食べられるのでテーブルのないお花見にはおすすめです。

 

前日に用意でき簡単にできるもの

折角の花見なのに準備で疲れてしまって、お花見が楽しめないのは残念です。

できるだけ前日に用意ができ、簡単にできるものを作りましょう。

例えば、炊き込みご飯は前日に用意してスイッチをいれるだけ、ちらし寿司も前日に用意し当日具をのせるだけなので簡単です。

唐揚げなども特に当日揚げる必要もありません。

準備はできるだけ手を抜いて、お花見を楽しみましょう。

 

「お花見におすすめのお菓子は?」

お花見の楽しみは、お食事やお酒だけではありません。

桜を見ながらのティータイムもリラックスできておすすめです。
食べ物と同じで、お花見に持ち寄るスイーツやお菓子も取り分けるのが簡単なものがいいです。
ここでは、お花見にぴったりなスイーツをご紹介します。

 

Rusks/ラスクス3箱セット 全8種 各10枚入りx選べる3箱
お酒やワインにもあうラスク。さまざまな味を食べる方も楽しいので、少し変わった味をセレクトしてみるのも良いでしょう。

 

たま卵チーズケーキ 8個入り とろける口溶け ふわとろスフレチーズケーキ
さまざまなメディアに取り上げられ、新大阪駅で大人気のチーズケーキです。
材料にこだわり、無添加のスフレチーズケーキは、ふわふわで、口の中でとろけると大評判。
小分けになっているので、取り分ける必要がなくお皿もいらないので、持ち寄りにはもってこいのスイーツです。

 

【木の葉詰合せ】 贈り物 CONOHA 焦がしバター リーフパイ 計12枚入り
桜の葉を思わせる可愛らしい色鮮やかな箱に入ったリーフパイです。小袋に入っているので、

取り分けも簡単。サクっとした食感で少量なので、カロリーが気になる女性にもよろこばれます。

 

「お花見にあると便利なグッズ」

長時間座っても痛くない厚手のレジャーマット

レジャーシートに長時間座っているとお尻が痛くなりますね。

のんびりしに来たのにお尻が痛いなんて。そんなときに役立つのが、レジャーマットです。

コンパクトに畳めて持ち運びが簡単なのに、マット一枚の上に4人まで座ることができます。

 

やっぱりあると便利 ピクニックテーブル

飲み物などはテーブルの上の置いておいたほうが安定します。

食べ物を取り分けたり、ケーキを切ったりするのも、テーブルがあれば楽にできます。

コンパクトに畳めるので、持ち運びも困りません。

大きさやデザインもいろいろあるので、きっと気に入るテーブルが見つかりますよ。

 

お片付けが楽しくなるおしゃれなゴミ袋

「お花見のゴミは持ち帰り」というのが基本的なマナーですが、

きれいな桜を見ながら食事をしている横でゴミ袋が目に入るとちょっと気になりますね。

そこでおすすめなのが、かわいいうさぎのデザインのゴミ袋なのですが、取っ手を結ぶとうさぎの形になります。

桜の木の下にうさぎがたくさん出現したら、中身がゴミだなんて忘れてしまいますね。

 

まとめ

いかがでしたか。ちょっと食べ物や持ち寄るものを変えるだけで、

お花見での面倒なことが減り、お花見をもっと気軽に楽しめます。

また、春らしいもの色合いのものを選べばテンションもアップします。

毎年お花見の準備が憂鬱な人はぜひ参考にしてくださいね。