日本ではバレンタインデーにチョコレートをもらった男性はホワイトデーにお返しをするのが一般的です。

しかし、このホワイトデーに何を返せばよいか分からず、お悩みの男性は多いかもしれません。

今回はそんなホワイトデーの由来や海外のホワイトデーの実態、代表的なお返しなどをご紹介します。

 

 

「ホワイトデーの由来は?」

■日本発祥!ホワイトデーの由来は?
戦後に日本でも一般的なイベントのひとつとなったバレンタインデーは、

もともと西洋で発祥したものでした。このことから、

バレンタインデーのお返しをするホワイトデーもまた西洋で発祥したものだと思われている方も多いことでしょう。

しかし、ホワイトデーはバレンタインデーと対をなす形で日本のお菓子メーカーが考案したイベントであり、日本発祥のイベントといえます。

 

■なぜ「ホワイトデー」という名前になった?
ホワイトデーを考案したメーカーでは「フラワーデー」や「クッキーデー」などのさまざまなネーミング候補が挙げられましたが、

最終的には若者の純粋な愛をイメージさせる白い色からホワイトデーという名前が付けられました。

 

 

「海外のホワイトデーの実態は?」

■欧米でのホワイトデー
日本発祥のホワイトデーは欧米ではほとんど知られていません。

そもそも欧米ではバレンタインに男性から女性へプレゼントをするというケースも珍しくないです。

わざわざその1か月後にお返しをする必要がないということもホワイトデーのような習慣が根付かない原因になっているといえます。

 

■アジアでのホワイトデー
アジアの中でも中国や韓国、台湾ではホワイトデーが定着しつつあり、その意味合いも日本と同様となっています。

また、韓国では4月14日にバレンタインデーとホワイトデーに縁のなかった人たちが黒いものを食べる「ブラックデー」も定着しているようです。

しかし、これらの国々以外のアジア圏ではホワイトデーはあまり知られておらず、

世界的にみれば依然として日本をはじめとした一部の国々に限定した風習となっています。

 

 

「ホワイトデーの代表的なお返しには意味がある?!」

 

 

バレンタインデーに贈るものの定番としてはチョコレートが挙げられますが、

ホワイトデーに贈るものの定番というと何も思いつかないという方は多いかもしれません。

しかし、クッキーやマシュマロ、キャンディといったお菓子はホワイトデーの代表的なお返しとなっており、

それぞれには以下のような具体的な意味も込められています。

 

◆クッキー⇒友達のままでいましょう
◆マシュマロ⇒あなたのことが嫌い
◆キャンディ⇒あなたのことが好き

 

以上のことから、ホワイトデーのお返しを決めるのに悩んだ際には、それぞれが意味するこれらのメッセージを参考にしてみるのがよいでしょう。

 

 

「ホワイトデーのお返しにおすすめの贈り物は?」

ホワイトデーのお返しには、上述したような具体的なメッセージが込められていない少し変わったお菓子を贈るのもよいでしょう。

特に、特別な日にピッタリの高級感のある以下のようなお菓子はホワイトデーのお返しとしてもおすすめです。

 

・ホワイトバウムクーヘン
一般的なスーパーなどでは簡単に購入することができない高級感のあるバウムクーヘンはホワイトデーのお返しとしても最適です。

ふんわり、しっとりチョコレートバウムクーヘンとホワイトチョコレートが絶妙なバランスです。

 

・アントーレ
こちらのアントーレは、コーヒークリームを挟んで焼いたパイ生地をスポンジケーキで包んだロールケーキです。

ミルフィーユのような食感が特徴的であり、スイーツ好きな女性には特に喜ばれることでしょう。

 

・ホワイトチョコレートラングドシャ
ホワイトチョコレートとココアのラング・ド・シャが織りなすあまくてまろやかなハーモニー。

サクサクとした軽い食感を生み出すこだわりの構造のホワイトチョコレートでコーティングしたラングドシャです。