入院お見舞いがありがた迷惑にならないための注意点とマナー

入院お見舞いに行ったことがない人や今まであまり縁がなかった人は、実際にお見舞いに行く際にいろいろと戸惑ってしまうことが多いものです。
お見舞いには何を持っていけば良いのか、どんなルールを守るべきなのか…わからないことがたくさんありますよね。
そこで今回は、入院お見舞いの注意点やマナーについて解説していきます。

入院お見舞いには細心の注意を!

入院お見舞いの際には、事前にマナーをチェックしておく必要があります。
入院お見舞いがありがた迷惑にならないよう、守るべきことはしっかり理解しておきましょう。

■入院お見舞いは必ず本人や家族に事前連絡を

入院お見舞いに行く際には、基本的にあらかじめ本人や家族に確認を取る必要があります。
行って良いのかを確認して、訪問する日時も事前に伝えておきましょう。

■入院お見舞いに行かない方がよい場合

相手のことが心配、顔を見たい、話したい…といった気持ちはわかりますが、場合によってはお見舞いに行かない方が良いこともあります。

・手術や検査が控えているとき
・治療の影響でひどく衰弱しているとき
・病院側が面会を断っているとき
・相手が来てほしくないと言っているとき
・入院期間が短期間のとき

以上のような状況のときには、基本的にお見舞いに行くようなことは避けましょう。
特に衰弱しているときなどは、来られても対応ができず、相手にも気を遣わせて負担をかけてしまうことになります。

入院お見舞いのタイミングやマナーの基本

入院お見舞いに行くときは、タイミングや過ごし方のマナーにも十分注意しておきましょう。

■入院お見舞いに行くべきタイミング

お見舞いに行くタイミングは、相手が面会に対応する余裕のあるときにするのが一番です。
入院直後、手術の前後は衰弱していて対応できない可能性が高いため、回復してきたタイミングでお見舞いに行くようにしましょう。

■入院お見舞い時のマナー

入院お見舞い時は、基本的にうるさくしすぎないように気をつけることが大切です。
友達同士ではしゃぐこと、子供が騒がしくすることは避けるようにしてください。
そして会話するときは、なるべく相手が元気になるような話題をたくさん振るようにしましょう。
間違っても「早く戻ってきてくれないと困る」的なプレッシャーをかけるような言葉は、かけないように気をつけてください。

■お見舞い金やお見舞い品の相場

お見舞い金・お見舞い品の相場は、以下が目安となります。

・家族や親せき…1万円
・友達…5,000円
・職場関係…3,000円

あくまで目安なので、相手との関係の深さにもよってきますが、金額に迷ったときは相場を参考にすると良いでしょう。

入院お見舞いに困ったらこれ!おすすめのお菓子

入院お見舞いには、やはりお菓子が一番喜ばれると言います。
いわゆる「消えもの」のギフトなので、相手も気を遣わずに受け取ることができるからでしょう。
おすすめのお菓子をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

■焼き菓子の詰め合わせ

生菓子は胃腸に悪い場合もあるため、焼き菓子の詰め合わせがおすすめです。
クッキーやフィナンシェ、パウンドケーキなど、定番の焼き菓子が詰まっているため、喜ばれることは間違いなしです。

■たま卵チーズケーキ

大阪土産として人気を呼んでいる「たま卵チーズケーキ」は、しっとり食感のスフレがとても魅力的です。
人気スイーツをお見舞いに持っていけば、病室で過ごす楽しみも増えて相手もきっと喜んでくれるでしょう。

■レムーン

しっとりやわらかな生地がおいしさの秘訣である「レムーン」。
レモンケーキの上にアプリコットジャムがトッピングされているため、爽やかな風味が広がります。

まとめ

入院お見舞いは、マナーやタイミングを心得て行くことが大切です。
行く前には必ず、お見舞いに行きたいということを伝えて相手に確認を取りましょう。
その上で都合の良い日時に訪問するよう心がけてくださいね。

ディスクリプション
入院お見舞いに行く際には、タイミングやマナー、注意しなければならないタブーを知っておくことが大切です。今回は入院お見舞いのマナーを解説しつつ、おすすめのお見舞いお菓子をご紹介していきます。

PAGE TOP