秋といえば、紅葉狩りは定番の行楽です。鮮やかな紅葉は、

心を癒してくれるのでリフレッシュしたい時にも最適。

有名な紅葉スポットには日本各地から人が集まりますが、

有名なスポットというだけあって非常に美しい紅葉が楽しめるでしょう。

この記事では、全国のスポットの中でも特に有名な紅葉スポットを3選ご紹介します。

また、紅葉狩りに持っていくのにもぴったりな、

美味しいお菓子も合わせてご紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

全国的に有名な紅葉スポット滋賀・メタセコイア並木

滋賀県のメタセコイア並木は、非常に美しい景色が見られることから、

「新・日本街路樹百景」にも選ばれています。

 

ここは、紅葉の時期だけでなく、

春夏秋冬を通して詩季織々の姿で訪れる人たちを感動させてくれる

素晴らしいスポットです。

 

メタセコイア並木は、昭和56年にマキノ町果樹生産組合によって植えられました。

学童農園「マキノ土に学ぶ里」整備事業の一環として植え始められたものでしたが、

組合の関係者や地域の人たちの協力があり、

現在のこの姿まで成長し、

美しい四季の景色を見せてくれる並木となりました。

 

毎年秋になると、約500本ものメタセコイアが温かく深みのある赤色に染まり、

美しいシンメトリーの景色を織り成します。

 

全国的に有名な紅葉スポット青森・奥入瀬渓流

青森県の奥入瀬渓流も、全国的に有名な紅葉スポットのひとつです。

この場所の紅葉は、上流と下流で時期が異なるため長い期間紅葉狩りを楽しむことができます。

 

上流の十和田湖に近い場所では、10月の中頃から紅葉が色づき始め、

下流の山焼近くでは11月の上旬頃まで紅葉狩りができます。

また、十和田湖や八甲田にも近く、

そちらも紅葉の名所として大変有名です。

 

ただし、混雑する時期にマイカーで訪れると、

渋滞によるストレスを解消するための交通規制「奥入瀬エコツーリズム」を

実施されていることもあるので、注意しましょう。

また、シャトルバスも20分間隔で運行されており、

そのような交通機関を利用すると駐車場を探す手間も省けて便利が良いのでおすすめです。

 

全国的に有名な紅葉スポット京都・圓光寺

京都・洛北の圓光寺の紅葉狩りは、

外からでも宝物殿からでも美しいと評判です。

本来は穴場の紅葉スポットでしたが、

近年は知名度が上がり各地から観光客が訪れています。

 

木に葉がついた状態の紅葉はもちろんきれいですが、

ここ圓光寺の紅葉狩りは通常の紅葉狩りとは異なり、

「散りもみじ」や「敷きもみじ」と呼ばれる苔の上に散った状態の

紅葉が美しいとして高い人気があります。

 

「十牛の庭」と呼ばれる池泉式回遊庭園には、

「栖龍池」と呼ばれる京都・洛北でもっとも古い池があることでも有名で、

書院に敷かれた赤もうせんに座って、庭園の紅葉が楽しめます。

 

また、宝物殿の瑞雲閣から見る紅葉も美しく、風情ある紅葉狩りができること間違いありません。

 

もみじ狩りスポットに美味しいお菓子を携行しましょう

紅葉を見に行く際は、待ち時間や移動中に小腹が空くことがあります。

そんな時のためにも持ち運びやすくて、

さくっと食べることができるお菓子を携行すると良いでしょう。

 

Rusks/ラスクス

こちらのラスクは、パン屋さんが作った本格派のラスクです。

粉糖とはちみつで程よい甘さのプレーンや香り高いエスプレッソ、

コクのあるフロマージュやイタリアンなトマトバジルなど、

全部で8種類が味わえます。

 

 

フィナンシェ&マドレーヌ詰合せ

しっとりとした焼き菓子は、小腹を満たすのにちょうど良いスイーツです。

バターの香りが引き立ったフィナンシェと、

きめ細かい舌触りのマドレーヌは、

かみしめるほど美味しさが口いっぱいに広がります。

 

 

ここで紹介したスイーツは、どれも持ち運びやすく、紅葉狩りに最適です。

また、厳選された材料で作られており、

体に優しい材料を使って作ったお菓子は、

子どもからお年寄りまで安心して食べられるのでおすすめです。

 

まとめ

美しい紅葉を楽しむ紅葉狩りは、秋の一大イベントです。

紅葉狩りに出かけて、ゆったりとした時間を家族や恋人、

友達と過ごしてみてはいかがでしょうか。

また、美味しいお菓子を携行して、より幸せなひと時を過ごしましょう。

今回ご紹介したスイーツはどれも美味しいものばかりです。

ぜひ紅葉狩りと一緒に味わってみてください。