昨今、筋トレにハマる人が続出していますが、食事方法によって、より効果的に筋トレをすることができることをご存知でしょうか?

この記事では、筋トレに効果的な食事方法を解説し、筋トレ中でも食べられるお菓子の選び方についてもご紹介していきます。

具体的に、罪悪感なく食べられるヘルシーなお菓子もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

筋トレするなら食事にも気を使おう

より効果的に筋トレをするためには、やみくもにトレーニングをするのではなく、食事にも気を使うことが大切です。

何を食べるかだけでなく、食べるタイミングにも気を配りましょう。

 

筋トレの前にお腹が空いている状態では、筋トレの効果が少なくなってしまいます。

そのため、空腹のまま筋トレをすることは避けてください。

筋トレの2時間ほど前に食事で摂取しておきたいのが、体内では作ることができない「必須アミノ酸」と、筋肉を成長させるために重要な「糖質」です。

 

また、筋トレが終わったら筋肉の修復をするため、45分以内にタンパク質と糖質を摂取することも大切です。

筋トレ後にはまずプロテインを飲むという人が多いのはこのためです。

 

なお、筋肉の増強には、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、脂質の5大栄養素を意識した、バランスの良い食事が欠かせません。

 

筋トレ中でも食べてOKなお菓子の選び方

 

ところで、筋トレ中でも食べられるお菓子はあるのでしょうか?

なんとなく、お菓子は筋トレには大敵というイメージがありますよね。

しかし、上手に選んで注意して食べれば、筋トレをしていてもお菓子を我慢する必要はありません。

 

お菓子に多く含まれる糖質やタンパク質、脂質は、筋肉にとっても大切な栄養素です。

ただ、もちろん食べ過ぎはいけません。

それに、脂質の多い揚げ菓子などは控えたいところです。

消費エネルギーを超えて摂取すれば、それは脂肪になってしまいます。

 

お菓子を食べるタイミングとして最もおすすめなのは、筋トレの直後です。

筋肉の修復に、タンパク質や糖質の摂取が欠かせないからです。

 

お菓子を選ぶ際には、脂質が少なめでタンパク質や糖質が摂取できるものが良いでしょう。

例えば、ナッツには、必要な5大栄養素がすべて含まれていますので、ナッツそのものやナッツを使ったお菓子がおすすめです。

 

罪悪感0のヘルシーなお菓子を紹介

 

お菓子が大好きな人にとって、それを制限するのはストレスになりかねません。

無理に我慢をしすぎても、継続することができなくなってしまいます。

そこで、筋トレをしていても罪悪感なく食べられるヘルシーなお菓子をご紹介します。

 

■クッキー

クッキーの詰め合わせもありますが、フランシーズのクッキーは単品で選ぶこともできます。

筋トレ中におすすめのナッツが入ったクッキーもたくさんありますので、お好きなクッキーを選んでみてはいかがでしょうか。

 

■ショコラフィグ

いちじくやくるみの入った、しっとりとしたショコラケーキです。

徹底的に素材にこだわり、保存料も使っていません。

 

まとめ

この記事では、筋トレに効果的な食事方法を解説するとともに、筋トレ中でも食べられるお菓子の選び方についてもご紹介しました。

筋トレには、正しい食事が欠かせません。

バランスの良い食事と、タイミングの良い取り方が大切です。

罪悪感なく食べられるヘルシーなお菓子もありますので、ぜひ本記事を参考に、無理なく筋トレを楽しんでください。

PAGE TOP