年末に向けて、毎年デパートなどではお歳暮の特設コーナーが作られ賑わいますよね。

しかしながら、お歳暮のマナーについてご存知でしょうか。

いつ、どのような人に贈るものなのか、また贈ってはいけない場合もありますので、改めてきちんと知っておきたいものです。

この記事では、お歳暮のマナーや、会えないあの人やお世話になった人など贈る相手について解説していきます。

また、お歳暮におすすめのおいしいお菓子もご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

お歳暮のマナー

お歳暮とは、その名のとおり「歳(年)の暮れ」のご挨拶のことです。

お歳暮を贈る習慣は室町時代に始まり、もともとはお正月のご先祖様の霊を迎えるためのお供え物として贈られました。

そして、江戸時代の頃には商人が年末に贈り物をもって挨拶回りをするようになり、それが現在のお歳暮の原形になっていると考えられます。

 

お歳暮は、お世話になった方に対して、1年間の感謝の気持ちと、来年もよろしくお願いしますというご挨拶を伝える意味で贈ります。

 

12月の初旬から下旬の頃に送りますが、年末は何かとバタバタしますし、出かけてしまって受け取れないこともありますので、12月20日頃までには届くように送りたいものです。

お歳暮の相場としては、だいたい3,000円から5,000円ですが、特にお世話になった方などには1万円程度のものを贈る場合もあります。

 

お歳暮を贈る相手

では、お歳暮は具体的にはどのような方に贈るものなのでしょうか?

お歳暮は、その年にお世話になった目上の方に贈るのが一般的です。

例えば、親戚や遠方に住む親、会社の上司、取引先、友人などですね。

ただ、今は虚礼廃止により、社内でお歳暮などのやり取りを禁止している会社もあるため、上司へお歳暮を贈るというのはだんだん減ってきています。

また、贈ってはいけない相手もいますので注意が必要です。

例えば、公務員への贈り物は禁止されていますし、一般企業であっても利害関係のある方からの贈り物は禁止されている場合があります。

 

会えないあの人にお菓子を贈ろう

今年は会えなかった大切な関係の方へ、お菓子のお歳暮が喜ばれています。

そこで、会えなくても気持ちが伝わるおすすめのお菓子をご紹介しますので、会えないあの人に贈る際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

■フランシーズ人気の焼き菓子詰め合わせギフト

1枚1枚丁寧に焼いたクッキーや、サクサクのリーフパイ、それに半生菓子のロールケーキなどを詰め合わせたフランシーズのアソートギフトです。

 

■フィナンシェ&マドレーヌ詰合せ

バターの風味豊かなフィナンシェと、きめ細かい焼き上がりのマドレーヌを詰め合わせたギフトセットです。

どちらもしっとりとした食感で、どなたにも喜ばれるクセになる味わいです。

 

■雅 クッキー詰め合わせ ギフト

素材や食感、香りにこだわった、フランシーズ自慢のクッキーを全種類詰め合わせたギフトセットです。

上品な質感の箱に詰め、風呂敷で包まれています。

 

■バトン・クルール5本入り

バトン状に焼き上げた味はもちろん色彩にこだわった風味豊かな焼き菓子です。

保存料を使わずに作られたお菓子は作りたての味わいを楽しめるでしょう。

5種類の違った風味を楽しむことができます。

 

■まごころ お菓子詰め合わせセット

まごころの素材にこだわったお菓子を3種類選んで贈るギフトセットです。

のし掛けなども行ってくれるのでお歳暮には最適の詰め合わせ商品です。

 

まとめ

今回は、お歳暮のマナーについて解説し、お歳暮におすすめのお菓子もご紹介してみました。

お歳暮とは、いつ、どのような人に贈るものなのか、また贈ってはいけないケースも正しく知っておくことで、喜ばれる贈り物をすることができます。

また、お歳暮におすすめのおいしいお菓子もご紹介しましたので、お世話になった人や会えないあの人に贈る際の参考にしてみてください。

PAGE TOP