コーヒー豆にはたくさんの種類があり、どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、産地別のコーヒー豆の特徴や味の違いについてご紹介します。

ぜひ参考にしていただき、あなた好みのコーヒーを探してみてください。

 

【産地別】コーヒー豆の味の違い

コーヒー豆は産地によって特徴や味が異なります。
産地ごとにご紹介していきましょう。

メキシコ産のコーヒー豆

メキシコ産のコーヒー豆は、適度な酸味と香りのバランスがとても良い、やわらかい味わいのコーヒーです。

 

グアテマラ産のコーヒー豆

グアテマラ産のコーヒー豆は、やや強めの酸味とほど良いコクがあり、甘い香りが特徴的です。

 

ジャマイカ産のコーヒー豆

ジャマイカ産のコーヒー豆といえばブルーマウンテンが有名ですが、あらゆるコーヒーの良いところを集めたような香り高くバランスの良いコーヒーです。

 

キューバ産のコーヒー豆

酸味と苦みが絶妙なバランスで、マイルドな口当たりが特徴的なキューバ産のコーヒー豆には、最高級品といわれるクリスタルマウンテンがあります。

 

コロンビア産のコーヒー豆

エメラルドマウンテンで有名なコロンビア産のコーヒー豆は、華やかで甘い香りとまろやかな酸味があるのが特徴です。

 

コスタリカ産のコーヒー豆

香り高いコスタリカ産のコーヒー豆は酸味豊かでコク深く、上品な味わいが特徴的です。

 

ブラジル産のコーヒー豆

ブラジル産のコーヒー豆には、ほど良い酸味と苦みがあって、香り高くマイルドなコクがあります。

 

タンザニア産のコーヒー豆

タンザニア産のコーヒー豆といえばキリマンジャロですが、酸味が強くてフルーティーな甘い香りとコクがあるのが特徴です。

 

インドネシア産のコーヒー豆

インドネシア産のコーヒー豆は、酸味の少ないのが特徴的で、深いコクとやわらかい苦みのある上品な味わいのコーヒーです。

 

ハワイ産のコーヒー豆

ハワイ産のコーヒー豆といえばコナコーヒーですが、強い酸味があり、とても甘い南国の香りがするのが特徴的です。

フランシーズのお菓子はコーヒーとも相性抜群!

 

おいしいコーヒーがあれば、相乗効果でお菓子もよりおいしく味わえちゃいます。

コーヒーに合うおいしいお菓子をお供に、とっておきのコーヒータイムをお楽しみください。

酸味の強い浅煎りコーヒーにおすすめの「レムーン」

レモンの風味がさっぱり爽やかな「レムーン」は、酸味の強い浅煎りコーヒーと相性の良いお菓子です。

バターたっぷりのしっとりやわらかな生地に、レモンを加えたアプリコットジャムがトッピングされています。

 

酸味>苦みの中煎りコーヒーにおすすめの「オランジェンヌ」

オレンジの風味が爽やかに口の中に広がるパウンドケーキ「オランジェンヌ」は、酸味の残る中煎りコーヒーと相性抜群です。

オランジェンヌは、じっくり煮詰めたオレンジの表皮を使って、しっとりと焼き上げられています。

 

酸味<苦みの中煎りコーヒーにおすすめの「アーモンドロール」

クリーム系のスイーツと相性の良い、苦みが強めの中煎りコーヒーには、「アーモンドロール」がおすすめです。

スポンジロールケーキの「アーモンドロール」には、クリームとアーモンドスライスが散りばめられています。

 

苦みの強い深煎りコーヒーにおすすめの「フロランタン」

深く焙煎された苦みの強いコーヒーには、濃厚な味わいの「フロランタン」をおすすめします。

「フロランタン」は、キャラメルアーモンドが香ばしいクッキーです。

 

まとめ

 

どのコーヒー豆にしようか迷ったとき、産地別のコーヒー豆の特徴や味の違いについて知っているとコーヒー豆を選ぶのも楽しくなります。

ぜひ自分好みのコーヒーを発見し、おいしいお菓子をお供に、とびきりのコーヒータイムをお過ごしください。

 

ディスクリプション

コーヒー豆ってたくさんあって、どれを選んだら良いのか迷いますよね。この記事では、

たくさんのコーヒー豆の中からあなた好みのコーヒー豆を発見するために、

産地別のコーヒー豆の特徴や味の違いについてご紹介していきます。

 

PAGE TOP