お部屋のインテリアにこだわる方の中には、観葉植物を育てることを検討している方もいるでしょう。

観葉植物であれば癒しをくれるインテリアとして最適なだけでなく、その他にもさまざまな効果・メリットがあるためおすすめです。

今回は、観葉植物を育てるメリットや、生活に潤いをくれるお世話がしやすいおすすめの観葉植物について解説します。

観葉植物を眺めながらのゆったりとしたティータイムにおすすめの美味しいお菓子もご紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

 

観葉植物の癒し効果

お部屋にインテリアの一環として観葉植物を置くことで、以下のような癒し効果が期待できます。

 

・空気を清浄してくれる

観葉植物は、光合成により二酸化炭素を吸収して酸素を排出してくれます。

また、植物にはフィトケミカルという物質が含まれており、カビの胞子やバクテリアの繁殖を抑える効果も期待できるでしょう。

 

・湿度の調整をしてくれる

観葉植物は部屋内の空気に水分を供給、乾燥を防止してくれます。

必要以上に加湿することも無いため、衛生的にも望ましい加湿方法と言えるでしょう。

 

・リラックス効果がある

観葉植物の緑色は目に優しく、視覚疲労の緩和効果が期待できます。

観葉植物を眺めることでアルファ波が増大し、リラックス状態となることが望めるでしょう。

 

育てやすいおすすめ観葉植物の種類

 

ここでは、育てやすいおすすめの観葉植物を5つに厳選し、それぞれの特徴や育て方のポイントを解説します。

 

■ガジュマル

ガジュマルは幹がぷっくりしている姿が可愛らしく、非常に生命力が強い観葉植物です。

「多幸の木」とも呼ばれ、金運を中心として運気アップの効果があると言われています。

育てるにあたってはなるべく日当たりの良い場所に置き、土が乾いたらたくさんの水を与えることが大切です。

 

■モンステラ

モンステラは、大きな葉とエキゾチックでかっこいい切れ目がインテリアとして好まれる観葉植物です。

ハワイでは神聖な植物と考えられており、魔よけの効果があるとされています。

育てる際には、室内でカーテン越しに明るい場所に置き、土が乾いたらたくさんの水をあげるようにしましょう。

 

■パキラ

美容室などでもよく見かける非常にポピュラーな観葉植物であるパキラは、観葉植物初心者にもおすすめです。

育てる際には風通しの良い場所に置き、土が乾いたらたくさんの水をあげるようにしましょう。

 

■サンスベリア

葉っぱにある独特の模様が印象的なサンスベリアは、魔よけや厄除けのために玄関や窓辺に置くのがおすすめの観葉植物です。

日光を好むものの、光が入る部屋であれば十分に育てることができます。

乾燥にも強いのですが、土が乾いたら水をたくさんあげるようにしましょう。

 

■ウンベラータ

ウンベラータはハート形の葉がとても可愛らしい、リビングのインテリアとしておすすめの観葉植物です。

明るい窓辺に置いて風通しを良くしてあげることが大切であり、ホコリが溜まりやすい大きな葉は葉水をしたり軽くふいてあげたりすると良いでしょう。

 

癒しのひとときに美味しいお菓子を

観葉植物をお部屋のインテリアとして置いて癒しの空間づくりをしたら、そこでティータイムを楽しむのも素敵ですよね。

ここでは観葉植物を眺めながらのティータイムにおすすめのお菓子をご紹介します。

 

■【アーモンドロール】 クリームとアーモンドスライスを散りばめたスポンジロールケーキ

ゆったりとしたティータイムを楽しむなら、アーモンドロールケーキがおすすめです。

ふんわりしっとりとしたロールケーキにアーモンドスライスの食感や香ばしさが加わり、非常に贅沢な気分を味わうことができます。

 

■【バトン・クルール】カラフルで味わい豊かな5種類の焼き菓子

その日の気分によって様々な味を楽しみたいのなら、バトン・クルールの5種類の焼き菓子がピッタリです。

しっとりとした口当たりと、ショコラや抹茶、オランジェなど様々なフレーバーを楽しむことができます。

 

■ハードバウムクーヘン/ピレネー/スティック カットタイプ

フランシーズハードバウムクーヘン

手軽に贅沢な気分を演出したいのであれば、カットタイプのハードバウムクーヘンは

いかがでしょうか。

外はさっくり、中はもっちりの食感が楽しく、カットしてあるため食べやすい点も嬉しいポイントです。

 

まとめ

お部屋を彩るインテリアには、観葉植物がおすすめです。

観葉植物を置くことで、空気清浄や保湿など、様々な効果が期待できます。

育てやすい観葉植物もたくさんありますので、ご自身の好みやお部屋の環境などに応じて、ピッタリの観葉植物を選んでみてください。

PAGE TOP