2020年(令和2年)のお盆休みはいつから?オリンピック延期による影響とは

新型コロナの影響により、オリンピックは令和2年(2020年)の翌年である令和3年(2021年)に延期となりました。
この延期によって2020年のお盆休みはどうなるのか、気になっている人は多いのではないでしょうか。
もともとはオリンピックの影響により、夏の祝日は特別に移動されることになっていたのです。
そこで今回は、オリンピック延期による影響として、お盆休みはいつからになるのかを解説していきます。

2020年(令和2年)オリンピック開催により移動予定だった祝日

本来は2020年の夏に、4年に一度のオリンピックが東京で開催予定となっていました。
しかし新型コロナウィルスの影響により、オリンピックは翌年の2021年(令和3年)に延期することとなったのです。
これは周知の事実で、多くの人がオリンピックの開催を「翌年こそは…」と思っていることでしょう。

そんな中、話は2020年夏の祝日の話になるのですが、実は2020年夏の祝日は、オリンピックの影響により移動する予定だったことをご存知でしたか?
移動する予定だった祝日は以下の通りです。

・海の日(海の恩恵に感謝する日。明治天皇が初めて船に乗った日でもある)
7月の第3月曜日→7月23日(木)に移動

・スポーツの日(旧体育の日。スポーツを楽しむことを尊重し、健康で活力ある社会の実現を願う)
10月の第2月曜日→7月24日(金)に移動

・山の日(山の恩恵に感謝する日)
8月11日(火)→8月10日(月)に移動

オリンピック延期でお盆休みはどう変わる?

では、オリンピック延期で2020年のお盆休みはどのように変わるのでしょうか。

■2020年の祝日は移動後のままの日程

結論から言うと、祝日は移動後のままの日程となります。
オリンピックが延期になった以上、移動させる意味はないようにも感じますが、移動後のままの理由としては、そもそも法律的に移動をキャンセルすることは難しいからです。
特措法により、祝日の移動はすでに実行されているため、2020年の夏は移動した状態で祝日を迎えることになります。

■2020年(令和2年)のお盆休み

では、2020年(令和2年)のお盆休みの日程はいつからになるのでしょうか。
通常であれば、お盆休みは8月13日(木)~8月16日(日)になります。
ですがここでポイントになってくるのは、10日(月)に移動した山の日です。
間の11日(火)~12日(水)をうまく休むことができれば、8日(土)~9日(日)の土日も含めて、最大で9連休のお盆休みを取ることも可能になってきます。

■地域や会社によってお盆休みは異なる

ただ、お盆休みは会社や地域によって異なります。
いつ帰省すれば良いのか、会社のお盆休みはいつに設定されているのかは、事前によく確認しておきましょう。

ちょっと贅沢なお菓子でお盆休みを楽しく過ごす

お盆休みの際には、少し贅沢なお菓子で休日をのんびり過ごしたいですよね。
田舎に帰省する際の手土産にも、お菓子はもってこいです。

・パイ包みのドライフルーツ入りパウンドケーキ

パイ生地で包んだ、ドライフルーツ入りのパウンドケーキは味わい豊かなのが大きな魅力ポイントになっています。
ドライフルーツの風味が爽やかで、しっとりとしたケーキ生地と抜群にマッチしています。
皆でお皿に切り分けて、田舎での団らんを楽しみましょう。

・アソートギフトC

帰省の際の手土産と言えば、お菓子の詰め合わせは欠かせませんよね。
人気の焼き菓子を主に詰めたアソートギフトなので、子供から大人まで楽しめるラインナップです。

・たま卵チーズケーキ

しっとりふわふわのスフレが大人気の「たま卵チーズケーキ」。
1年で6万個も売り上げるその味はまさに「たまらん」もので、大阪の人気土産は田舎の皆も喜ぶこと間違いなしでしょう。

まとめ

2020年のお盆休みは、オリンピック延期の影響で祝日が移動になったことが注意するポイントになります。
基本的には13日からお盆休みを取るのが一般的ですが、場合によっては長く連休を取ることも可能になるかもしれません。
お盆休みの予定を立てつつ、会社の休みのスケジュールを確認しておきましょう。

ディスクリプション
オリンピック延期の影響で、2020年(令和2年)は祝日である山の日が移動になっています。この記事では、夏のお盆休みはどう変わるのか、連休が取れるのかを解説しています。

PAGE TOP