薄着になる夏に向けてダイエットを始めたいと思う人は多いです。

しかしながら、どういうダイエット方法がいいのかわからないこともあって、実際に動き出すのを後回しにして結局ダイエットを諦めてしまうというのがよくあるパターンです。

せっかくのダイエットのチャンスを見逃してしまいがちな人も多いことでしょう。

そこで今回は、夏に向けたおすすめのダイエット方法をご紹介します。

 

 

 

「夏は薄着になるから太り具合が気になる」

 

夏は薄着になって露出が増えます。

必然的に腕や足、お腹を見られる機会も多くなります。

特に海やプールに行って水着を着るときは、肌の露出が多くなりますから、身体を見られることが気になるでしょう。

冬場はそこまで気にならなかった自分の体型も、夏になるとどうしても気になってしまいます。

このような事情があって、夏に向けてダイエットをしようと思う人が増えます。

今年こそは痩せるぞと気合いを入れる人が多いのです。

 

 

 

 

「夏前にダイエットを始めるのが正しい理由」

 

ダイエットを始めるなら、夏になってから動くのではなく、 夏前にやることをおすすめします。

理由としては、真夏は熱を作る必要がなく、身体の代謝が落ちてしまうからです。

暑くて汗をかいて痩せる一面はあるものの、きちんと脂肪を落として痩せるなら夏までがいいのです。

ダイエットはどうしても時間がかかりますから、夏前に本格的に動いてダイエットを始めるのをおすすめします。

夏になる頃には目標体重まで痩せているのが理想です。

 

 

 

 

「夏前におすすめのダイエット方法」

 

ここでは、夏前におすすめのダイエット方法をご紹介します。

以下の中から自分に合っていると感じるものを選んで試してみてください。

大事なのは継続することです。

無理せず自分のペースでダイエットを続けましょう。

 

 

 

■基礎代謝を上げて生活習慣を整える

 

まずは基礎代謝を上げてください。

筋肉量を増やすとか、身体を温める食材を取るといった方法がおすすめです。

筋肉量を増やすことを嫌がる女性が多いですが、少しダイエットトレーニングをしたくらいでは、見た目が崩れるような筋肉はつかないので安心してください。

筋トレと生活習慣を整えることで、痩せやすい身体作りができます。

 

 

 

■部分痩せトレーニングでダイエット

 

ダイエットでは、自分が痩せたいと思う部分に効くトレーニングをするのが効率的です。

 

・二の腕に効くトレーニング

両腕をひねる、逆腕立て伏せ、腕を真後ろにゆっくり引くといった動きをします。

どこでもできるのが利点です。

 

・お腹に効くトレーニング

一番気になるお腹に効くトレーニング。

ドローイン、クランチ、ヨガの船のポーズなどがおすすめです。

 

・足に効くトレーニング

タオルはさみ、スクワット、つま先立ち、足マッサージなどがおすすめです。

お風呂上りにマッサージやストレッチをするといいでしょう。

 

これらのトレーニングをうまく組み合わせてダイエットを頑張りましょう。

 

 

 

 

「たまには息抜きするのもダイエットを続けるためには重要」

 

自分を律し続けるダイエットは、辛くなって継続できなくなってしまうこともあるので、たまには息抜きも悪くありません。

ここでは、ダイエットの息抜きにおすすめのお菓子をご紹介します。

 

 

 

■たま卵チーズケーキ 8個入り とろける口溶け ふわとろスフレチーズケーキ

 

頑張っている自分へのご褒美にぴったりのお菓子。

ふんわりしっとりの味わいが口の中でとろけます。

疲れて食欲がないときのご飯代わりに食べてもいいでしょう。

 

 

■【クッキー詰合せ ―大―】 お祝いギフト 焼き菓子 クッキー 計42枚入り

 

素材にこだわった風味がしっかりしたおいしいクッキー。

おやつとして食べるのにぴったりのサイズです。

食べすぎに注意しつつ、エネルギー補給に使いましょう。

 

 

■フロマージュ 16個入り 一口サイズの ふわとろチーズケーキ

 

外はふっくら、中はとろっと半熟が特徴のチーズケーキです。

これもダイエットを頑張る自分へのご褒美として時々食べるのがおすすめです。

優しい食感でリラックスできるので、ストレスを発散してまたダイエットを頑張れます。

せっかく息抜きで食べるならおいしいお菓子のほうが満足度も高いでしょう。

上手に自分と付き合いながら、夏に向けて理想の身体を手に入れましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

薄着になって体型が気になる夏に向けてダイエットをするなら、梅雨までにスタートするのがおすすめです。

代謝を上げて痩せやすい体になりつつ、痩せたい部分を意識的に動かすようにしましょう。

しかし、ストイックにダイエットだけやるのは大変ですし、ストレスが溜まってしまいます。

自分でルールを作って、時々息抜きとしてお菓子を食べるくらいのバランス感覚を持てば、ストレスを溜めずにダイエットを続けられるでしょう。

PAGE TOP