5月に心身が不調になってしまう5月病。

自分は大丈夫だと思っていても、ふとしたときに緊張の糸が切れて、気持ちが落ち込んだり、倦怠感が襲ったりします。

5月病になったときに慌てないためにも、5月病の対策を知っておきたいところです。

そこで今回は、知っておきたい5月病の対策をご紹介します。

 

 

「5月病の正体」

 

5月病は、主に環境の変化によるストレスが原因であることが多いです。

厳密には5月病という病気はなく、5月に発生する精神の不調や、ストレス原因による身体の不調を一括りにして言っているのが5月病というものです。

厳密には、うつ病や適応障害、不眠症といった症状があたります。

また、パーソナリティー障害やパニック障害の兆候や、発達障害が起因する場合もあるので、軽視せずに病院に行くことが大事です。

 

 

 

 

「5月病になりやすいのはどのような状況にある人なのか」

 

5月病は、3月から4月にかけてあった環境の変化によるストレスが原因であることが多いです。

新しい環境に適応しようと頑張っているところでゴールデンウイークという連休が入り、緊張の糸が切れてそのまま気分が上がらないというのがよくあるケースです。

 

・5月病のリスクが高まっている状況にある人

 

5月病のリスクが高まっている状況にある人は、新入社員(学生)、転勤や転職したての人、人事異動で職場環境が変わった人なのが挙げられます。

自分自身が動かなくても、周りが動いて人間関係が変化した人も含みます。

つまり、自分の環境が大きく変わった人は、5月病になるリスクが高まっていると言えます。

知らず知らずのうちにストレスがかかっている可能性があります。

 

 

 

 

「5月病の予防・対策方法」

 

ここでは、5月病の予防・対策方法を解説します。

環境が変わって大変ではあるのですが、自分なりに工夫して生活するのが大事です。

 

・5月病の対策方法

 

5月病の対策は、とにかくストレスを溜めないことが大事です。

新しい環境で乱れがちな生活習慣を整えるとか、うまく時間を作って好きなことをやるようにしてください。

運動をするのもストレス発散になるのでおすすめです。

また、悩みが出たら誰かに相談して気持ちを楽にしましょう。

一人で抱えて頑張ろうとしていると、一度気持ちが落ち込んだときに立ち直れなくなってしまいます。

恋人や友達など、誰か頼れる人がいると心強いです。

 

新環境のストレスを甘く見ず、意識的に5月病対策をしましょう。

 

 

 

 

「心のざわつきをお菓子で鎮めましょう」

 

甘いお菓子に含まれる砂糖はリラックス効果があります。

お菓子を食べて気分転換をするのも時には必要です。

ここでは、おすすめのお菓子をいくつかご紹介します。

おいしいお菓子を食べて、環境の変化で疲れた心を癒しましょう。

 

 

 

■【バトン・クルール】カラフルで味わい豊かな5種類の焼き菓子

 

カラフルで色々な味を楽しめる焼き菓子のセットです。

素材からこだわっているのでおいしさが違います。

一口サイズで気軽に食べられるのも魅力的です。

 

 

■送料込み【スイスロール】 バタークリームのロールケーキ ギフトボックス入り

 

アーモンドと卵黄をたっぷり使ったロールケーキです。

疲れて食欲がないときにご飯代わりとして食べるのもいいでしょう。

風味豊かでリラックス効果があります。

憂うつな気分のときはアーモンドが効果的です。

 

 

■たま卵チーズケーキ 8個入り とろける口溶け ふわとろスフレチーズケーキ

 

年間6万個突破の人気商品です。

ふんわりしっとりの味わいが口の中でとろけ、思わず舌鼓してしまいます。

甘すぎるのは苦手という人におすすめのチーズケーキです。

 

 

まとめ

 

5月病とは、環境の変化などが原因で5月に起こる病気で、適応障害やうつ病などを一括りにして表現したものです。

そのため、大きな環境の変化が起きた人が5月病にかかりやすいです。

生活習慣を整えつつストレス発散の方法を見つけることが五月病の対策になります。

自分一人で抱えず、誰かに頼ってうまく乗り切ってください。

時には甘いお菓子を食べて、リラックスすることも必要です。

PAGE TOP