夏になると紫外線対策を行う人も多いのではないでしょうか。

暖かくなるにつれ紫外線の放射量が増えてきますが、夏になる前から紫外線対策を行うことが大切です。

そんな紫外線予防のために春先から始めたほうが良いことをご紹介いたします。

 

 

紫外線予防は春から始めるべき理由

紫外線には2種類のものがあり、まず1つはUVB(日焼けなどの原因)、もう1つはUVA(皮膚の奥にダメージを与える)があります。

UVBは表皮で吸収されて短時間で腫れや赤みなどの炎症反応を引き起こします。

炎症が治まれば表皮が黒くなって皮が剥けて、また元の肌色に戻りますが、繰り返しUVBを浴びるとしみやしわの原因となるのです。

UVAは肌の奥深く真皮まで達し、しわやたるみ、肌弾力の低下などの皮膚の老化を促進する原因となっています。

紫外線は真夏に降り注いでくると思われがちですが、UVAは真夏と同じくらいの量が降り注いでいます。

しかし、真夏に比べ紫外線予防のために春から実際に行動している方は少ないのではないでしょうか。

 

 

 「春の紫外線への対策方法」

曇天や室内で活動する日も日焼け止めを塗る

曇りの日や室内で行動する際も日焼け止めを塗りましょう。

UVAは雲やガラスも透過してきます。

そのため曇りの日や室内でも肌にダメージが少しずつ蓄積していき、気づいたときには、しわやたるみとなっているのです。

日焼け止めだけでなく、カーテンにUVカットのものを使用したり、UVカットガラスフィルムを貼ったりするのも良いでしょう。

 

SPFよりもPAのレベルに注目して日焼け止めを選ぶ

SPFよりもPAのレベルに注目して日焼け止めを選びましょう。

SPFはUVB波をどれだけ長い時間防止できるかを数値として表しています。

1~50+までの数値があり、数値が大きいほどUVB防止能力が高まります。

PAはUVA波を防ぐ数値であり、春はPAが高いものを選ぶことをおすすめします。

PAは+の数でUVAの防止能力を表しているのでPA++++を選びましょう。(+は最大4段階)

 

■日傘や服装を工夫して紫外線を直接浴びないようにする

日傘や服装を工夫して紫外線を直接浴びないようにしましょう。

夏以外でもUVAは多大に肌への蓄積を与えていきます。

日中や例え曇りの日でも紫外線対策として、日焼け止めやUVカットを含んだもので工夫していきましょう。

 

 

「いつの時代も美味しく楽しめるお菓子」

抗酸化作用を持つ栄養素を摂り、身体の外側だけでなく内側から対策をするのも大切です。

紫外線を浴びると活性酸素が発生します。

その酸化ストレスがしみや皮膚がんのダメージを引き起こすため、抗酸化食品を摂取しましょう。

そんなときは「LifeDesign」のピスタチオクッキーやアーモンドクッキーはいかがでしょうか。

 

■ピスタチオクッキー 1枚

素材の美味しさを崩さないように、丁寧に焼き上げたクッキーです。

一枚一枚丁寧に焼き上げており、サクサクとしたその食感は食べたら癖になります。

一枚ずつ単品で販売されているので、自分好みの量を購入することができます。

 

■アーモンドクッキー 1枚

このアーモンドクッキーも素材にこだわっており、保存料を使用せずに本来の美味しさを味わうことができます。

こちらも単品で販売されているため、自分好みの量を購入できるところも魅了的です。

これらのクッキーを食べることで、抗酸化作用があるビタミンEが含まれているピスタチオやアーモンドも一緒に摂取できます。

 

 

まとめ

紫外線対策を行う際には、身体の外部からの予防はもちろんのこと、身体の内部からも対策を行うことが大事です。

今回ご紹介した内容をもとに、外部と内部で1年間しっかりと紫外線対策していきましょう。

 

PAGE TOP