「春分の日」というと春の訪れを感じますが、実は、毎年春分の日は同じでないことをご存知ですか?

ここでは、春分の日とはどのような日なのか詳しくご紹介するとともに、春分の日に食べる食べ物にも注目してみたいと思います。

 

 

 

 

「春分の日をもっと詳しく!」

 

■春分の日はどんな日?

春分の日は、国民の祝日に関する法律によって制定された国民の祝日で、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」と定められています。

ちょうどお彼岸のど真ん中にあたるのが春分の日で、春分の日の前3日間と後3日間の計7日間をお彼岸と呼び、お彼岸には先祖のお墓参りに行く習慣があります。

 

■毎年固定されていない春分の日

春分というのは、1年を季節ごとに24分割した二十四節季の一つです。

二十四節季は、太陽の動きをもとに計算されるため、毎年同じ日になるわけではありません。

そのため、春分の日もその年によって日にちが少しずつ異なり、固定されていないのです。

とはいえ、だいたい3月20日または21日のいずれかになることが多いです。

ちなみに2020年は3月20日が春分の日と定められています。

 

■春分の日の決まり方

春分の日は、国立天文台が太陽の動きを基準にして計算をして算出した『暦象年表』をもとに、政府が閣議決定してから制定することになっています。

毎年2月の第1平日に、国立天文台が官報で公表することによって、翌年の春分の日が定められるのです。

 

 

 

「春分の食べ物」

 

 

■春分の日には「牡丹餅(ぼたもち)」

春分の日といえばお彼岸のど真ん中にあたりますので、そんな春分に食べるものといえば、米粒の食感が残った半づきのお餅にあんこをまとった「ぼたもち」ですよね。

ところで、ぼたもちというのは、おはぎとは違うのでしょうか?

漢字で書いてみるヒントがあるのですが、ぼたもちは「牡丹餅」と書き、おはぎは「お萩」と書きます。

牡丹は春の花なので、春のお彼岸に食べるものを牡丹餅、萩は秋の花なので秋のお彼岸に食べるものをお萩と呼ぶのです。

昔は、牡丹餅はこしあんでお萩は粒あんのことが多かったですし、地域によっても多少違いがあったようですが、今は、季節に応じた呼び名の違いと考えてOKです。

 

■春分の日におすすめの春が旬の食べ物

春分の日にいただきたいのは、やはり春が旬の食べ物でしょう。

ふきやウドといった香り豊かな山菜は、天ぷらにするとおいしいですね。

年中食べられる野菜でも、新じゃがに新玉ねぎ、春キャベツなど、春にしか楽しめないものもあります。

アサリやホタテ、真鯛やカツオなど、春が旬のおいしい魚介とともに料理すると最高です。

春分の日には、旬の食べ物で春の訪れを楽しんでみませんか。

 

 

 

「春の日差しを感じながら!こんなお菓子もいかがですか?」

 

春分の日の食べ物に飽きたら、素材にもこだわったお菓子がおすすめです。

 

・たま卵チーズケーキ

さまざまなメディアでも取り上げられている、人気のふわとろスフレチーズケーキです。

とろける口溶けがたまりません。

 

 

・アーモンドロール

なめらかなクリームと香ばしいアーモンドスライスが散りばめられた、スポンジロールケーキです。

 

 

・オランジェンヌ

じっくり煮詰めたオレンジの表皮を使ってしっとりと焼き上げられた、オレンジの風味が爽やかなオレンジパウンドケーキです。

 

このように、素材にこだわったお菓子ならばどんな人も安心しておいしく食べられます。

 

 

 

まとめ 

 

ここでは、春分の日とはどのような日なのかご紹介しました。

春分の日は国民の祝日として定められているのに、毎年日にちが少しずつ違っているのですね。

太陽の動きをもとに、毎年きちんと閣議決定されているなんてことも、意外だったのではないでしょうか。

そんな春分の日には、おいしいぼたもちや旬の食べ物、それに素材にこだわったお菓子を食べながら、のんびり春の訪れを感じたいものです。

PAGE TOP