日本国内は、四季が鮮明でそれぞれの季節を満喫できるのが魅力です。

しかし、さまざまな季節があることによって、衣替えが発生してしまうのが大変ですよね。

今回は、衣替えの時期や衣類をしまうおすすめのタイミングをご紹介します。衣替えの収納方法やコツなども併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

 

衣替えはいつやればよい?おすすめの時期は最高気温を参考に

 

季節に合わせてファッションを考えるのはとても楽しいです。

それぞれベストなタイミングで服を着たいと思いますよね。

しかし、衣替えの時期を間違えると季節に対応できなかったり、薄着、厚着になったりとトラブルが発生します。

ここからは季節ごとの衣替えの時期についてご紹介していきます。

衣替えの時期は、各季節の最高気温を参考に変えていくことが最適です。

 

■春の衣替え時期

春は最高気温が平均15~20℃になるタイミングを利用し、春物や秋物など、薄手の服を出すといいでしょう。

朝夜はたまに気温が下がることも考えられるので、羽織れるカーディガンや薄手のジャケットなども出しておくと確実です。

 

■夏の衣替え時期

夏は平均22℃以上の気温が定期的になってきたら、半袖や薄手のカーディガンのみに整える必要があります。

平均最高気温が26℃以上になれば半袖1枚で充分な気温になりますので、夏用の服の衣替えを行いましょう。

 

■秋の衣替え時期

秋は最高気温が平均15℃程度まで下がってきたら冬物のセーターや薄手のコートを出すといいでしょう。

最高気温が高いとはいえ、朝や夕方、夜は一桁台まで気温が下がることも想定されます。

 

■冬の衣替え時期

平均最高気温が10℃を切る、または10℃程度になってくると、秋よりもより寒さを感じます。

そうなった場合は、冬物のコートやマフラーを衣替えで出しておくとよいでしょう。

 

衣替えの収納のコツ

衣替えをする際は今まで着ていたものをしまい、新しく季節に応じた服を出します。

場合によっては、クリーニングしていない、着た後のものをそのまま収納する場合もあります。

しかし、それが気になる場合は、きれいにしまうコツや方法があります。

ここからは、それらをご紹介していきます。

 

まず、収納する際に服の状態をきれいに保ちたい場合は「しまい洗い」をするとよいでしょう。

衣替えの際、一度は洗濯をしている服でも、しまう前に再度洗ってからしまう方法です。

皮脂や汗をしっかりと落とすことで服の痛みを防ぐことができます。

 

気になる部分には部分用の洗剤などを利用し襟、袖部分の気になる汚れを落としてからしまうといいです。

また、収納する前には断捨離をすることもおすすめです。

断捨離することで翌年には着ないものをあらかじめ処分し、すっきりと収納することができます。

 

収納する日はなるべく晴れている日に行いましょう。

湿気が少ないタイミングで収納を行うことで虫食いや黄ばみなどの原因も避けることが可能です。

晴れているタイミングを利用して衣替えを行いましょう。

なお、その際は収納の場所に防虫剤や乾燥材をしっかりと入れることをおすすめします。

 

しまい洗いや晴れの日に収納することと併せて服の虫食いなどを事前に防ぎ1年間きれいな状態で保存することが可能です。

 

衣替え時期におすすめのスイーツ

衣変えの時期は、四季の中でも特に季節が変わる時期でもあります。

この時期は季節が落ち着く前の時期でもあるため体調を崩しやすいです。

リラックスするためにも、衣替えをした後に楽しめるおすすめのスイーツをご紹介します。

これからご紹介するスイーツは、無添加やこだわり抜かれた素材を使用しており、とてもおいしいお菓子です。

 

◇蒟蒻わらび餅

季節の変わり目や、体調を崩しやすい時期でも安心して食べられるスイーツです。

無添加でおいしい原材料を使用して作られているので、優しい本来の味わいを感じることができます。柔らかな甘みは、子供も大人も楽しめます。

 

 

◇アントーレ

さくさくのパイ生地とコーヒークリームのサンドをスポンジで包み込んだケーキです。

スポンジとパイの触感を楽しむことができるので、季節の変わり目で揺らぎやすい時期でもほっと一息つくことができ、大人も子供も満足できます。

 

◇贅沢チーズパウンド

贅沢チーズパウンドは3種類の厳選したチーズを使い、贅沢な味わいを演出しているケーキです。

優しい甘味を感じられるので、老若男女問わずリラックスして食べられます。

体に変化が出やすい季節の変わり目や衣替え後のリラックスタイムに活用したいスイーツです。

 

まとめ

今回は衣替えの時期や適切なタイミング、収納する際のコツなどについてご紹介しました。

衣替えのタイミングは、季節の変わり目や平均最高気温が前の季節と明らかに変わったというタイミングを利用することでタイミングよく衣替えを行えます。

また、衣替えの際に気を付けるべきことややっておきたいことを確認することで、服を翌年以降もきれいに着続けることができます。

しっかりと時間をとって有意義な衣替えにしましょう。