贈り物のお礼に最適なギフトは、安心して食べられるものを選ぶとベストです。

しかし、取引先などからお土産や差し入れを頂いた場合、タイミングや伝え方に悩みますよね。

基本的に頂いた当日にお礼を伝えるのがマナーですが、どのようにメッセージを伝えればよいのでしょうか。

今回は気持ちが伝わりやすいお礼のメッセージを紹介します。

 

 

「贈り物に添えるお礼のメッセージのポイント」

お礼のメッセージは「相手に感謝すること」や「贈り物の感想を述べること」の2つを意識すると上手く伝わります。

相手への感謝とは、時間を割いてまで贈り物をして頂いた気遣いのことです。形式にこだわらずシンプルに「ありがとうございます」と自分の気持ちを伝えましょう。

さらに頂いた贈り物に対しての感想も添えると、オリジナルのあるメッセージになります。

 

・お礼をするタイミング

贈り物を頂いた場合は、贈った側も届いたかどうか気になっているので、なるべく早くお礼を伝えるように心がけましょう。

頂いた当日、翌日までが理想ですが、遅くなった場合はお詫びのメッセージを添えてください。

暮れの忙しい時期は年賀状と一緒にしないようにしましょう。

 

・お礼を伝える方法

基本的に取引先や目上の方は手書きの手紙で伝えるのがマナーです。

短い文章でも構わないので、気持ちをこめて丁寧に伝えれば失礼になりません。

上司や同僚の場合は電話が好ましいでしょう。親しい友人の場合はメールで伝えても構いません。

 

・お礼のメッセージの内容

定型文を参考にするのではなく「相手への感謝」や「相手からの気遣いに対する感想」を意識すると気持ちが伝わります。オーバーすぎる表現はさけて、シンプルに「ありがとう」「嬉しい」「おいしかった」といった言葉で十分です。

 

「お礼のメッセージの文例」

手紙の形式にこだわりすぎる必要はありませんが、

 

前文(季節の挨拶)

主文(贈り物のお礼)

末文(結びの言葉)

 

といった基本を知っておくと書きやすくなります。

以下ではパターン別での例文をご紹介します。

 

・上司や同僚の場合

 

○○ 様

お疲れ様です。

△△です。

■■をいただきありがとうございました。

チームみんなでおいしくいただきました。

 

またお時間がある時に色々とお話をお聞かせください。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

・取引先や目上の方への場合

 

○○ 様

平素より大変お世話になっております。

株式会社△△の△△でございます。

 

この度は素晴らしいお品を頂戴し心よりお礼申し上げます。

 

いつもながらのご厚意に深く感謝しております。

 

お送りいただいた■■名物のお菓子は、風味の良さと深い味わいに全員で舌鼓を打ちおいしく頂きました。

 

向暑の折、これから繁忙期を迎えますが、

季節柄、お身体大切にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。

 

「お礼の贈り物におすすめは?」

お礼を伝えるメッセージと共に渡したい贈り物は、

食べやすさを考えて小分けで日持ちがする焼き菓子のアソートギフトがおすすめです。

また、こだわりの食材を使用した無添加のお菓子は、

安心して食べることができるので、感謝を伝えるギフトにおすすめです。

以下ではアソートギフトの中でおすすめのお菓子をご紹介します。

 

・【まごころ】選べるお菓子の詰め合わせギフト 想いを届けるギフト

全種類を選びたい方のために組み合わせが自由なギフトになっています。

全5種類の中から好きな組み合わせが選べ2箱、3箱と積み重ねることもできます。

 

■まごころ フィナンシェ&マドレーヌ詰め合わせ 想いを届けるギフト

素材にこだわり丁寧に焼き上げた詰め合わせお菓子です。

しっとり感があるバター風味のフィナンシェと一度食べると癖になるマドレーヌがセットになったギフトです。

 

 

■送料込み【バトン・キットII】カラフルなスティックケーキや焼き菓子の贅沢な詰め合わせ

カラフルな焼き菓子や、クッキー、半生菓子が詰まった焼き菓子セットです。

しっとりと焼き上げたバトンクールは、カラーも豊富で一度食べたら癖になると好評です。

 

まとめ

取引先や目上の方からお土産や差し入れを頂いた場合は、

当日にお礼のメッセージを伝えるのがベストです。

長文は必要ありませんが「高級なものを頂きまして…」

と品定めのような言葉を使うのはマナー違反となります。

贈り物に対してではなく、どのように嬉しかったのかを伝えるのがポイントです。