暑い日が続くと、熱中症などの体調不良への注意が必要です。

そんなとき、体温を下げる方法があることをご存知ですか?

ここでは暑い日に体温を下げる方法や、涼しくなるお菓子についてご紹介します。

 

 

暑い日に体温を下げる方法は

暑い日に体温を下げる方法としては以下が挙げられます。

 

・脇や首、肘の裏側などを保冷剤やウェットティッシュなどで冷やす。

こめかみや脇・首、肘の裏など、皮膚の薄い部分を冷やすと効率よく体温を下げることができます。

脇の下や脚の付け根など、太い血管が皮膚の近くを通っている部位を冷やすことも大事です。

冷やす際には保冷剤を直接あてるのではなく、ガーゼなどにくるんであてるようにしましょう。

また、ウェットティッシュもおすすめです。

 

・衣服の素材を意識する

人は体温を調整するために汗をかきます。

汗が蒸発しやすい衣服を選ぶことも大切です。

衣服の素材としては、麻や綿がおすすめです。

これらの素材は、通気性や吸湿性が高く、体の熱を溜め込まない素材となっています。

 

・熱を下げる食べ物を食べる

体温を下げるには食事で下げる方法もあります。

体温を下げる食材には、なす、トマト、レタス、きゅうり、ゴーヤ、バナナ、すいか、梨などがあります。

これらの食材には、カリウムと水分が多く含まれており、利尿作用があることから体温を下げることにつながります。

そのため、夏場などの体温を下げたい時期にはこれらの食材を積極的に摂取することをおすすめします。

 

このように体の外側から冷やす方法と食事による方法を取り入れ、効率よくクールダウンするよう心がけましょう。

 

暑い日におすすめの食べ物は

暑い日が続くと食欲が落ちることがありますが、だからといって食べずにいると夏バテしてしまう危険性があります。

それを防ぐためには、ゼリーや果物、ところてんなど、さっぱりした食べ物を食事に取り入れることがおすすめです。

とはいえ、アイスやカキ氷などの冷たいものを食べ過ぎると、お腹を壊してしまう原因になることもあります。

そのため、極端に冷たいものを摂取することは避け、こまめな水分補給を心がけましょう。

ご飯を食べたくなくなってしまった場合には、そうめんや冷やし中華、ざる中華など、

冷たい麺類であれば手軽に作れて夏場にはよく食卓に並ぶことで知られています。

しかし、そうした冷たいものばかり食べていると、体が冷えて胃腸のはたらきを弱めてしまう可能性もあります。

あたたかい食事を受け付けない場合には、しょうがやニラ、ねぎ、にんにく、ごま、みそなど、

体を温める食材を積極的に取り入れましょう。

そうすることで、暑い日が続いても夏バテしない健康な体で過ごすことができます。

 

「体温を下げる暑い日におすすめのお菓子

食材だけではなく、体温を下げるためのお菓子にもさまざまな種類があります。

 

夏のデザートには「ジュレ」がおすすめです。

特に、果肉入りフルーツジュレなど、果物が入っているジュレは栄養も豊富です。

果物にはカリウムや水分が豊富に含まれているので、

美味しいだけではなく、体温を下げる効果も期待できます。

果物は切る手間がかかるので面倒という意見がありますが、

果肉入りフルーツジュレなら手軽に美味しく食べることができるところも魅力的といえます。

 

また、「こんにゃくわらび餅」もおすすめです。こんにゃくわらび餅は、

一般的なわらび餅よりカロリーが低いので、ダイエット中でも安心して食べられます。

厳選した素材で作られたこんにゃくわらび餅は、ヘルシーで体に優しいデザートです。

冷やして食べると美味しいので、夏にはぴったりでしょう。

糖質が気になる人にとって、健康面を気にせず食べられるところが魅力的なお菓子なので、

夏のおやつに是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

これらの自然食でこだわりの食材を使用したお菓子は、どんな人でも安心して食べられるので、

暑さで弱っているときにもおすすめです。

体温を下げる方法として普段の生活で手軽に試せるため、食生活から改善してみることをおすすめします。

 

まとめ

暑い季節に体温を下げる方法を知ることで、夏を快適に過ごすことにつながります。

夏バテや熱中症など、暑い日には体調不良に充分気をつける必要があります。

そのため、今回紹介した体温を下げる方法を参考に、暑い日を乗り切るよう心がけましょう。