暑さに体力を奪われる夏は、さまざまな不調を招きやすい時期です。
なかでも食欲が低下すると、必要な栄養が不足するため、疲れがなかなか取れず、夏バテしやすくなります。
ところで、なぜ夏に食欲が減退するのでしょうか?
ここでは、夏に食欲が落ち、夏バテしやすくなる身体のメカニズムと、熱中症対策にスイーツがおすすめであることを解説します。

 

 

夏に食欲が落ちる理由

暑くなると基礎代謝が落ちることはご存じでしょうか?

基礎代謝は生きていくうえで必要な最低限のエネルギーのことです。

この基礎代謝量は、夏と冬では大きく変わります。私たちの体は体温を上げようとするときにエネルギーを多く消費します。

したがって、冬の寒い時期にはエネルギーをたくさん消費するため基礎代謝が上がります。

 

しかし、夏のように暑い時期は体を温める必要がなくなるため、基礎代謝量が激減するのです。

基礎代謝が減ると、エネルギーを消費しないため、おなかが減りにくくなるというわけです。

夏の食欲不振の原因のほとんどが、この基礎代謝の低下にあるといってもいいかもしれません。

 

次に、自律神経の乱れも関係してきます。私たちの食欲を司る神経は、

リラックスしているときに高まる副交感神経です。

しかし、暑い夏には活動的なときに高まる交感神経が優位になりやすいため、食欲が湧きにくくなります。

また、副交感神経は胃や腸の機能も司る神経です。

そのため、夏の暑さにより副交感神経が弱まると胃腸の機能が低下し食欲がなくなる原因となりかねません。

 

さらに、猛暑の屋外からクーラーが効いた部屋に戻るときなど、外との急激な温度差で体温調節ができなくなり、

そのストレスで自律神経が乱れることもあります。

暑い夏は、汗も大量にかくため、どうしても冷たい飲み物や食べ物に手が伸びてしまいがちです。

 

しかし、体を冷やすような飲み物や食べ物を食べすぎていると当然体が冷えてきますので、

胃や腸の機能が低下し、食欲不振につながります。

 

夏バテ中に食べないとどうなるのか

夏バテをしているときに、食欲がない状態のまま、偏った食事や食事抜きの生活を続けていると、身体は栄養不足に陥ります。

特に体の調子を整えるために必要なビタミンやミネラルの不足により体調を崩しやすくなり、夏バテが悪化してきます。

めまいや吐き気などの症状を訴える人もいるようです。

ひどい夏バテを引き起こさないように、日ごろから栄養をきちんと補給しておく必要があります。

 

食べやすいスイーツを買っておくのが良い!

食欲がないことを理由に、今こそダイエットができるチャンスなどと考えて、

食事制限をしたり、アイスなど冷たいものを好き勝手に食べたりしていると、ますます代謝機能が悪くなってきます。

夏バテで栄養不足になりがちな時期こそ、しっかり食べて栄養を十分に摂る必要があります。

 

暑い夏に気をつけたい熱中症の対策には、まず水分補給が大切ですが、

汗をたくさんかくので、塩分や糖分補給も不可欠です。

糖分の摂取は、水分や塩分の吸収を良くするうえに、エネルギーを持続させるため疲労回復につながります。

 

そこで、日頃はダイエットで甘いものを控えている方も、夏バテ中のときこそ、

糖分補給のために、軽く食べられるスイーツを用意しておくことをおすすめします。

 

・たま卵チーズケーキ

手で持つと崩れるほど、クリーミーなふわとろなチーズケーキです。

濃厚な味わいながら、甘過ぎないのも魅力。食欲がないときも食べやすいでしょう。

 

・スイスロール(カット)

卵の風味がやさしいロールケーキは定番の美味しさです。1カットから購入できます。

 

・贅沢チーズパウンド

3種類のチーズを贅沢に生地に練り込んで焼き上げたパウンドケーキです。

チーズと良質な卵とバターで栄養と糖分を補給できます。

 

まとめ

夏に食欲が減退するのは、基礎代謝の低下、自律神経の乱れ、内臓機能の低下が主な理由です。

食欲不振の状態のまま、あまり食べないでいると夏バテが悪化することが分かりました。

夏バテしているときこそ、栄養補給が必要です。

そして、熱中症対策には水分、塩分に加えて糖分も必要ですので、軽く食べられるスイーツを用意しておきましょう。