バレンタインというと女性が男性へチョコレートを贈る日というイメージを持っている方がほとんどだと思います。

しかし、これはあくまでも日本独自の習慣であり、捉え方次第では別の方法でバレンタインを楽しむということも可能です。

今回はそんなバレンタインの由来やプレゼントを贈る相手、おすすめの贈り物についてご紹介します。

 

 

「バレンタインの由来は?」

まずは日本でも広く認識されているバレンタインの由来について見ていきましょう。

 

■バレンタインの由来は?
バレンタインの由来は諸説ありますが、一般的には3世紀のローマにおいて、

当時の皇帝の手によって処刑されたキリスト教徒「聖バレンタイン」を祀るお祭りとして、

同氏が処刑された2月14日が「バレンタインデー」に指定されたという説が広く知られています。

 

 

■聖バレンタインとは?どんな人物?
バレンタインの由来となった聖バレンタインがキリスト教の司祭として当時のローマにいたころ、

当時の皇帝は戦争へ出向く若者の士気を高めるために恋愛を禁止していました。

それを目の当たりにした聖バレンタインは、皇帝に気づかれずにカップルが結婚できるよう手助けをしていましたが、

やがてそのことを皇帝に知られてしまい、それが処刑の理由となってしまいました。

このことから、バレンタインデーは聖バレンタインの行いを称え、

恋愛を成就させるための後押しをする記念日として認識されるようになりました。

 

 

「バレンタインにチョコレートは日本の独自の習慣」

 

■バレンタインにチョコレートの日本
日本へバレンタインの風習が紹介されたのは戦前の1936年といわれていますが、

当時は大きな注目を集めることもなく、現在のように広く定着することもありませんでした。

しかし、1958年に再びバレンタインが紹介されると、西洋の文化へのあこがれが高まりつつあった日本ではすぐに定着しました。

この際にバレンタインは女性から男性へチョコレートを贈る日として紹介されたことから、

現在でも日本ではそのような独自の習慣としてバレンタインが定着しています。

 

■西洋のバレンタインは?
しかし、西洋では日本のように女性から男性へチョコレートを贈るという取り決めはなく、

男性から女性へ贈り物をするというケースもあれば、チョコレートではなく花を贈るというケースもあります。

そのため、西洋のバレンタインは日本のバレンタインに比べると自由度が高いといえるでしょう。

 

 

 

「好きな人だけじゃない!義理チョコや友チョコも」

 

日本では女性から男性への愛の告白をする機会としてバレンタインが利用されてきましたが、

最近では義理チョコをはじめ、友チョコや逆チョコ、自分へのご褒美チョコなども広まってきており、

日本人のバレンタインに対する考え方が変わってきているといえます。

また、贈り物に関してもチョコレートに限らず、

豪華なお菓子やケーキなどの多種多様なプレゼントを旅行やディナーなどと共に贈るというケースも多くなっており、

日本国内でもバレンタインに関する自由度は高まりつつあるといえます。

 

 

「バレンタインにおすすめの贈り物は?」

 

バレンタインでは、特別な日にピッタリの高級感のある以下のようなお菓子を贈るのがおすすめです。

 

・フロマージュ&霧のショコラ 10個入り
ふんわりとした優しい食感が特徴的な「フロマージュ」と「霧のショコラ」のセットです。

濃厚なチョコレートの風味が魅力的な霧のショコラは特にバレンタインの贈り物として最適です。

 

・ソフトバウムクーヘン チョコ味 丸ごとホールタイプ
少し珍しいチョコレート味のバウムクーヘンです。

大型のホールタイプなので見た目にも華があり、バレンタインの贈り物としてもおすすめです。

 

・「ショコラフィグ」 いちじく入りチョコレートケーキ
少し変わったお菓子を贈りたいという方には、こちらのいちじく入りチョコレートケーキがおすすめです。

保存料を一切使っていないため、相手の健康を気遣う気持ちも伝えることができます。

 

・プレミアムデニッシュブレッド【チョコレート/20箱セット】
“生チョコ”を包み込んで焼き上げたプレミアムなチョコラのデニッシュブレッド。

甘過ぎないから大人から子供まで喜ばれます。
義理チョコや友チョコ、会社のお配り用に自信を持ってお勧めいたします。