12月に入るとお歳暮の時期が近づいてきます。

お歳暮は1年お世話になった人に対して感謝の気持ちを込めて贈るものですが、

お歳暮を送る時期や品物・のしの書き方を間違えて失敗してしまう人も意外に多いです。
お歳暮を送る際の注意点、マナー、さらに品物選びにおけるポイントについて詳しくご紹介していきます。

 

 

「お歳暮を贈る時期は?」

「お歳暮」の語源は「歳の暮れ」、つまり「年末」を意味しています。

古来より日本では年の暮れに神さまにお供え物をする(贈り物をする)風習がありました。

やがて贈り物を実家や本家に持ち寄るよる習慣が生まれ今の形に浸透するようになりました。

 

■お歳暮を贈る時期
お歳暮を贈る適切な時期は「12月13日から12月20日まで」とされています。

なぜ20日以降は贈るのを控えるべきかというと、20日から年末まではどの家庭も年末年始の準備で忙しくなるからです。

そのため現在は11月のうちに早めにお歳暮の準備をして、11月末から12月初旬に発送する家庭も増えています。

 

お歳暮を贈る時期は関東と関西では若干異なります。

関東の場合は12月初旬から12月31日まで、関西の場合は12月13日から12月31日までを目安に送るのがよいとされています。

しかし、年末はみな忙しくなるので12月20日までに済ませたほうがよいでしょう。

 

■お歳暮を送れなかった場合は?
うっかりしてお歳暮を送り忘れてしまったときは「御年賀」として関東の場合1月7日までに、

関西の場合は1月15日までに贈り物をします。

この時期も過ぎてしまったら2月4日の立春までに「寒中見舞い」として贈りましょう。

 

■喪中の場合は?
喪中の場合でもお歳暮を贈ることは相手に対して失礼にならないので問題ありません。

ただし、葬儀が終わって間もない時期などはなるべく避け、

時期をずらして寒中見舞いまたは暑中見舞い、無地のしなどで送るほうがよいです。

 

「お歳暮は誰に贈るもの?」

お歳暮は仕事付きあいや親族との関係で今までお世話になった方に対して

「感謝の気持ちを込めて贈り物をする」という意味合いがあります。

あくまで気持ちの面での贈り物なので、誰かに必ず送らなければならないという決まりや義務はありません。

一般的な送り先として挙げられるのは、

 

・両親
・親戚
・兄弟姉妹
・友人、知人
・仕事仲間
・上司
・ビジネス関係
・婚約先の家族
・仲人

 

などです。

 

お歳暮においては「送らなくてもよいケース」もあるので注意が必要です。

例えば子どもがお世話になっている学校の先生にお歳暮を贈る必要はありません。

また、会社によっては「上司へのお歳暮は禁止」となっていることもあるので事前に確認しておきましょう。

 

「お歳暮の品物を選ぶポイント」

お歳暮の適切な相場や品物選びのポイントを見ていきましょう。

 

■相場は?
お歳暮の品物の相場は「2500~5000円ほど」です。

気心の知れた知人や親族であれば2500円前後、上司などの目上の人ならば5000円前後がよいでしょう。

特別お世話になって人には5000円以上、1万近くのお歳暮を贈るケースもあります。

ただし、あまりに高額すぎると逆に相手が困ることもあるので限度は守るようにしましょう。

 

■トレンドを意識する
ゼリー、水ようかん、デザート、洋菓子、入浴剤といった品物はお歳暮の定番です。

しかし、近年は定番すぎるものよりも「トレンド」を意識した商品のほうが喜ばれる傾向があります。

同じ食べ物であっても老舗ブランドや流行のメーカーのものや、

なかなか手に入らない期間限定品やプレミアム商品を選ぶと相手も喜んでくれます。

 

■のしについて
お歳暮における「のし」は蝶結びで紅白5~7本の水引きが印刷されているものを使うのが基本です。

結び目の上部に「お歳暮」と書き、結び目の下に小さめに名前を書きます。

 

「お歳暮にもこだわり素材のお菓子がおすすめ」

お歳暮はトレンドを意識した限定スイーツやお菓子がおすすめです。

日頃の感謝の気持ちが深く伝わるような特別感のある品物を贈ってみましょう。

 

■焼き菓子/半生菓子セット アソート

焼き菓子セットもお歳暮にうってつけです。

特にいろんな種類の焼き菓子や半生菓子がセットになった商品はお子さんのいるご家庭にもきっと喜ばれるでしょう。

 

■究極のバタークリームケーキ アントーレ

素材を徹底的に厳選して作られるバタークリームケーキは数量限定で入手困難なスイーツです。

パイ生地製造だけで96時間もかかるという手の込んだバタークリームケーキはまさに特別な一品です。

 

■木の葉

通常のリーフパイよりも一回り大きく、
風味を最大限に引き出しす為、バターソースをキャラメル化させる等、
手間隙かけたお菓子です。
パッケージも贈り物にも最適なサイズでお勧めです。

 

 

まとめ

お歳暮にはやはり「特別な気持ちを込めた物」を贈りたいものです。

あまりにも定番すぎるもの、ありきたりな物であれば気持ちが伝わりませんし、

相手も「いつもの品物だな」と思ってガッカリしてしまうかもしれません。

時には「おっ」と思わせる贅沢な品物をお歳暮として贈ってみてはいかがでしょうか?